• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

整形外科

トピックス

2017年10月27日 整形外科のホームページが新しくなりました。
2017年4月1日 医局の人事異動に伴い、田澤医師、池田医師が退任、代わって寺澤医師、宗重医師、松本医師が赴任しました。

診療科の特徴

  1. 各医師とも、特に骨折治療の経験が豊富です。患者に優しい、低侵襲で、早期社会復帰できるような治療を心がけています。
  2. 脊椎疾患に関しては、脊椎脊髄外科指導医としての豊富な経験から、患者の苦痛をできるだけ早く取り除くために、積極的に神経ブロック治療や手術治療を行っています。さらに、最先端の関節鏡、術中レントゲン透視装置などを装備し、安全、確実な手術を行っています。
  3. 町田市医師会整形外科部会と連携して、症例検討会、勉強会(町田市整形外科カンファレンス)を半年に1回、当院にて施行しています。地域開業医との連携を深め、多くの手術患者を受け入れるとともに、かかりつけ医への逆紹介も積極的に行っています。
  4. 整形外科スタッフ一同、町田市の中核病院として、さらに充実させるべく日々取り組んでいます。

学会施設認定

下記の学会研修施設に認定されています。

  1. 日本整形外科学会専門医制度研修施設

※当院が施設認定を受けている学会の一覧は、こちらをご覧ください。

主な対象疾患

                                                                                                                                                                                                                 
疾患名症状検査内容治療方法患者用
パス
上腕骨顆上骨折・肘の激しい痛みと腫れ・レントゲン検査
・CT検査
・ギプス固定
・手術療法
橈骨遠位端骨折・手首の強い痛みと腫れ
・手首の変形
・手に力が入らない
・レントゲン検査
・CT検査
・ギプス固定
・手術療法
舟状骨骨折・手首の親指側の腫れや痛み・レントゲン検査
・CT検査
・MRI検査
・ギプス固定
・手術療法
下肢の骨折等・痛み・腫脹・変形 など・レントゲン検査
・超音波検査
・CT検査
・MRI検査
・ギプス固定
・牽引療法
・手術療法
大腿骨頚部骨折
転子部骨折
・股関節部の痛み・レントゲン検査
・CT検査
・MRI検査
・手術療法
頚椎症性脊髄症・書字等指先の動作が不器用になる
・歩行時の足のもつれ
・手足の痺れ
・レントゲン検査
・MRI検査
・装具療法
・薬物療法
・手術療法
頚椎症性神経根症・肩や腕の痛み
・腕や手指の痺れ
・レントゲン検査
・MRI検査
・装具療法
・薬物療法
・手術療法
外傷性頚部症候群・頚部痛
・肩こり
・頭痛
・めまい
・手足のしびれ など
・レントゲン検査
・MRI検査
・装具療法
・薬物療法
腰椎椎間板ヘルニア・腰や臀部の痛み
・下肢の痺れや痛み
・足に力が入りにくくなる
・レントゲン検査
・MRI検査
・脊髄造影検査
・CT検査
・薬物療法
・装具療法
・神経ブロック
・手術療法
腰部脊柱管狭窄症・太腿や膝から下の痺れや痛み、間欠性跛行・レントゲン検査
・MRI検査
・脊髄造影検査
・CT検査
・薬物療法
・装具療法
・神経ブロック
・手術療法
腰椎変性すべり症・臀部や太腿の痺れや痛み・レントゲン検査
・MRI検査
・脊髄造影検査
・CT検査
・薬物療法
・装具療法
・神経ブロック
・手術療法
脊椎椎体骨折・腰痛、背部痛・レントゲン検査
・CT検査
・MRI検査
・薬物療法
・装具療法
・神経ブロック
・手術療法
変形性膝関節症・膝の痛み
・膝の可動域制限
・レントゲン検査
・MRI検査
・CT検査
・運動療法
・薬物療法
・手術療法
変形性股関節症・股関節の痛み
・股関節の機能障害
・レントゲン検査
・CT検査
・MRI検査
・運動療法
・薬物療法
・手術療法
発育性股関節形成不全・乳児検診での股の開きが悪いことや脱臼感・超音波検査
・レントゲン検査
・装具療法
・牽引療法
・手術療法
大腿骨頭壊死症・股関節痛
・歩行障害
・レントゲン検査
・MRI検査
・薬物療法
・手術療法
膝靭帯損傷・膝の痛み
・膝の可動域制限
・関節の腫れ
・膝の不安定感
・レントゲン検査
・CT検査
・MRI検査
・運動療法
・装具療法
・薬物療法
・手術療法
膝半月板損傷・膝の痛み
・膝のひっかかり感
・膝の可動域制限
・関節の腫脹 など
・レントゲン検査
・MRI検査
・運動療法
・装具療法
・薬物療法
・手術療法
肘部管症候群・小指、薬指の痺れや変形
・手の筋肉の痩せ
・筋電図
・超音波検査
・MRI検査
・薬物療法
・手術療法
手根管症候群・指の痺れや痛み
・手のこわばり感
・筋電図
・超音波検査
・MRI検査
・薬物療法
・手術療法

※患者用パスとは、入院(手術)後から退院までの診療計画がわかりやすく示されたものです。パスは掲載できるものから順に掲載していきます。

診療実績

1.外来患者数(2014-2016年度)

  2014年度 2015年度 2016年度
延患者数   26,008 25,083 21,399
初診患者数  2,991 2,745 2,288

2.手術件数(2014-2016年度)

  2014年度 2015年度 2016年度
骨折整復固定術 302 363 351
人工関節手術 51 15 22
関節鏡手術 74 80 71
靭帯再建手術 15 10 29
頚椎、胸椎手術 17 12 10
腰椎手術 88 84 74
その他 66 90 41
手術総数 613 654 598

スタッフ紹介

役職 氏名 (上段)専門分野/(下段)資格
整形外科部長
リハビリテーション科部長
石原 裕和
整形外科一般、脊椎外科、骨粗鬆症、運動器リハビリテーション
医学博士
日本整形外科学会専門医・リウマチ医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会元評議員・脊椎脊髄外科指導医
医長 善平 哲夫 整形外科一般、膝関節、足関節外科、スポーツ整形
日本整形外科学会専門医・スポーツ医・運動器リハビリテーション医
担当医長 江村 星 整形外科一般、外傷外科、上肢の外科、運動器リハビリテーション
日本整形外科学会専門医・運動器リハビリテーション医
担当医長 齊藤 勝義 整形外科一般、外傷外科、脊椎外科
日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医・リウマチ医
担当医師 寺澤 昌一朗 整形外科一般、脊椎外科
日本整形外科学会専門医
日本骨粗鬆症学会認定医(申請中)
日本内科学会認定内科医
担当医師 宗重 響子 整形外科一般、外傷外科
 
担当医師 松本 光圭 整形外科一般、外傷外科
 

外来担当医表