• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

新生児内科

診療科の特徴

当センターは2008年10月1日に開設し、2009年2月1日に東京都から地域周産期医療センターに認定された周産期センターです。町田市唯一の周産期センターとして、ハイリスク妊婦・出生前診断・新生児医療・発達支援を東京都の周産期ネットワークと連携しながら提供し、児にとって最善の医療となることを目指しています。

新生児病棟はNICU6床、GCU12床となっています。看護スタッフは、NICU看護師長、GCU看護師長(産科兼任)をはじめ、スタッフ全員で児にやさしい看護を提供しております。外来部門は小児科と連携し、退院後の患児のフォローアップと正常新生児の乳児健診を中心に診療を行っています。

当院の産科の分娩数は年間約750例であり、多くのハイリスク分娩が集まってきます。新生児内科と産科が密に連携することにより、出生前からの一貫した周産期医療を提供しております。小児科部門においても市内唯一の入院施設であり、退院した後も地域の小児医療の支えとなっています。
なお、現時点で管理が難しい症例や院内で手術ができない一部の外科系疾患については、専門の施設を御紹介させてもらっています。

診療実績

  2014年度 2015年度
1.入院延患者数 1,721 人 1,112 人
2.新規入院患者数 65 人 50 人

指定病院等の状況

  • 日本小児科学会専門医制度研修関連施設
  • 日本周産期・新生児医学会(母胎・胎児)指定研修施設