• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

外科

トピックス

2018年7月2日 医局の人事異動に伴い、川崎医師、岩崎医師、武田医師、篠原医師、原田医師は6月末日をもって退職となり、7月から新たに池内医師、毛利医師、田中医師、岩瀬医師、石川医師が着任しました。
2018年4月2日 3月末付で羽生副院長(外科部長)、石川医師が退職しました。4月から新たに保谷医師が外科部長に就任し、また中嶋医師が着任しました。
2018年1月1日 医局の人事異動に伴い、金井医師から脇山医師へ変更になりました。
2017年8月18日 外科のホームページが新しくなりました。
2017年8月18日 9月19日(火)に保谷医師が、町田市医師会館で講演を行います。演題「胃を切った後も食事は美味しい方が良い」
2017年8月6日 講演会「外科紹介」を「夏休み子ども病院見学会」と同時に開催しました。
2017年4月3日 胃切除術障害の軽減を目的とした幽門再建術の選択が可能になりました。
2016年7月1日 医局の人事異動に伴い、藤田医師から武田医師へ変更になりました。

診療科の特徴

  1. 外科は幅広い疾患を扱っているため、消化器外科医、呼吸器外科医、乳腺外科医、小児外科医を配置して専門性の高い治療を行っています。
  2. 手術に際しては外科医のほかに放射線科医、病理医、麻酔科医、手術室看護師で合同カンファレンスを行い、方針を確認・決定しています。
  3. 病気の進行度や患者の状態によっては、手術のダメージを軽減する目的で内視鏡手術を積極的に導入し、早期の社会復帰を目指しています。
  4. 最近の抗がん剤の進歩により、抗がん剤と手術を組み合わせた集学的癌治療をチーム医療で実践しています。
  5. 特殊な疾患や専門性が高い治療法に関しては、大学病院と連携できる体制をとっています。

学会施設認定

下記の学会研修施設に認定されています。

  1. 日本外科学会外科専門医制度修練指定施設
  2. 日本消化器外科学会専門医制度修練指定施設
  3. 日本消化器病学会認定施設
  4. 日本がん治療認定医機構認定施設
  5. 日本気管食道科学会認定気管食道科専門医研修施設:外科食道系
  6. 日本大腸肛門病学会認定施設
  7. 日本消化器内視鏡学会指導施設
  8. 日本乳癌学会関連施設

※当院が施設認定を受けている学会の一覧は、こちらをご覧ください。

主な対象疾患

                                                                                                                                 
疾患名症状検査内容治療方法患者用
パス
食道がん・胸の痛み
・物を飲み込んだ際の違和感
・熱い(辛い)物がしみる など
・内視鏡検査
・レントゲン検査
・CT検査
・骨シンチグラフィー
・超音波検査
・内視鏡治療
・放射線療法
・化学療法
・手術療法
・緩和療法
胃がん〈早期がん〉
・症状が少ない
〈進行がん〉
・食欲不振
・腹痛
・嘔吐 など
・内視鏡検査
・レントゲン検査
・CT検査
・超音波検査
・内視鏡的胃粘膜下層剥離術
・腹腔鏡下胃切除術
・開腹胃切除術
・術前化学療法
・放射線療法
胃・十二指腸潰瘍・上腹部痛 ほか・内視鏡検査
・レントゲン検査
・CT検査
・薬物治療
・内視鏡的止血術
・手術
大腸がん〈早期がん〉
・症状が少ない
〈進行がん〉
・血便
・腹痛
・腹満感 など
・内視鏡検査
・レントゲン検査
・CT検査
・超音波検査 など
・内視鏡治療
・手術治療
・化学療法
・放射線療法
大腸
乳がん・くぼみ
・ひきつれ、ただれ
・変形、左右の差 など
・マンモグラフィ検査
・超音波検査
・MRI検査
・CT検査
・手術療法
・薬物療法(ホルモン療法、化学療法、分子標的療法)
肺がん・しつこい咳
・痰の増量
・痰に血が混ざる
・呼吸しづらい など
・単純レントゲン検査
・CT検査
・喀痰検査
・気管支鏡(内視鏡)検査 など
・手術
・化学療法
・放射線療法
・症状緩和療法
肝臓がん〈早期がん〉
・症状が出にくい
〈進行がん〉
・上腹部のしこり
・皮膚や眼球が黄色になる
・尿が褐色になる など
・血液検査
・超音波検査
・CT検査
・MRI検査
・血管造影検査 など
・肝切除
・アブレーション
・冠動脈塞栓療法
・全身化学療法
・肝移植
鼠径
ヘルニア
(成人)
(小児)
・腹部の腫れ、痛み・問診、視診、触診でほぼ診断可能だが、診断困難な場合はCT検査などを行う・手術ヘルニア
胆石症
胆管結石症
【胆石症】
・みぞおちや右わき腹、右背部の痛み
【胆管結石症】
・高熱
・みぞおちの痛み
・黄疸 など
※症状がない場合もある
・血液検査
・超音波検査
・CT検査
・MRI検査
・内視鏡検査 など
【胆石症】
・腹腔鏡下胆のう摘出手術
【胆管結石症】
・内視鏡的採石術
気胸・呼吸のつらさ
・胸の痛み
・咳
・単純レントゲン検査
・CT検査
・カテーテルによる脱気
・手術
・癒着療法
縦隔腫瘍・無症状が多い
・貧血
・CT検査
・MRI検査
・手術
肛門疾患【内痔核】
・痛みはあまりないが出血がある
【外痔核】
・出血はあまりないものの痛みを感じる
【痔瘻】
・肛門に膿のトンネルができる
【肛門周囲腫瘍】
・肛門の周りが腫れ、強い痛みや発熱を伴う
【裂肛】
・排便時に強い痛みや出血がある
・触診、肛門鏡でほぼ診断可能だが、疾患によっては内視鏡検査、CTやMRIなどの画像検査を行う・保存的加療(排便習慣、生活習慣の見直し、内服薬、軟膏など)
・結索切除術
・ALTA硬化療法
・外科的加療(開放術式、温存術式など)

※疾患名をクリックすると詳細ページへ移動します。
※患者用パスとは、入院(手術)後から退院までの診療計画がわかりやすく示されたものです。パスは掲載できるものから順に掲載していきます。

診療実績

1.手術別内訳(2017年)

2.鏡視下手術の割合(2017年)


鏡視下手術

 内視鏡を胸やお腹に入れて、モニターを見ながら行う手術です。内視鏡や手術器械を入れるため身体にいくつか小さな穴を開けます。
 大きく切開する開胸・開腹手術と比べて、傷口が小さく、筋肉を切開したり、骨を切断したりせずに済むメリットがあります。傷口が小さい分、身体への負担も少なく、手術後の回復も早くなるため、入院期間を短縮することができ、退院や社会への復帰も早くなることが多いです。

3.手術件数(2013~2017年)

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
総手術数 888 952 901 894 864
消化管
 食道がん(鏡視下) 9(9) 10(10) 4(4) 3(3) 3(3)
 胃十二指腸潰瘍
(鏡視下)
7 11(9) 1 11 4(1)
 胃がん(鏡視下) 53(36) 65(53) 65(40) 62(21) 67(27)
 大腸がん(鏡視下) 131(48) 140(59) 144(65) 148(57) 127(88)
 虫垂切除(鏡視下) 68(3) 77(4) 56(8) 59(9) 54(23)
 肛門疾患 12 15 24 25 39
 鼠径・大腿ヘルニア
(鏡視下)
143(8) 196(26) 168(8) 157(1) 143
 腹壁瘢痕ヘルニア
(鏡視下)
14(12) 18(15) 19(13) 9(5) 6(3)
肝胆膵
 胆嚢摘出術(鏡視下) 82(71) 90(76) 114(93) 113(86) 83(77)
 肝切除 7 9 15 12 9
 膵頭十二指腸切除 15 10 13 13 11
呼吸器
 気胸(鏡視下) 12(12) 17(17) 11(11) 19(19) 11(11)
 肺がん(鏡視下) 10(5) 18(12) 16(9) 17(7) 17(7)
乳がん 30 21 31 27 37
甲状腺 1 3 2 2 2
小児外科(鏡視下) 49 57 54(19) 75(38) 62(34)
 

スタッフ紹介

役職 氏名 (上段)専門分野/(下段)資格
外科部長
治験支援室長
保谷 芳行 消化器外科、特に胃・食道、一般外科
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医
鏡視下手術慈大式Step3 ゴールドライセンス
TNT(Total Nutritional Therapy)certificate
緩和ケア研修修了医
外科総合診療部長
緩和ケア担当部長
池内 健二 消化器外科、特に大腸・肛門、一般外科
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医
TNT(Total Nutritional Therapy)certificate
ICD(Infection Control Doctor)
臨床研修指導医
緩和ケア研修修了医
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
呼吸器外科担当部長 平野 純 呼吸器・食道・消化器・一般外科
日本外科学会専門医
呼吸器外科専門医合同委員会専門医
産業医
臨床研修指導医
鏡視下手術慈大式Step3 シルバーライセンス
緩和ケア研修修了医
肝胆膵外科担当部長
外来化学療法センター長
脇山 茂樹 消化器外科、特に肝胆膵外科、一般外科
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本癌治療学会臨床試験登録医
日本乳癌学会認定医
日本胆道学会認定指導医
日本移植学会移植認定医
日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
ICD(Infection Control Doctor)
外科周術期感染管理認定医・教育医
TNT(Total Nutritional Therapy)certificate
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
緩和ケア研修修了医
FACS(Fellow of American College of Surgeons)
臨床研修指導医
鏡視下手術慈大式Step3 ゴールドライセンス
医長 毛利 貴 消化器外科、特に大腸・肛門、一般外科
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
医長 田中 雄二朗 消化器外科、特に胃・食道、一般外科
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
TNT(Total Nutritional Therapy)certificate
緩和ケア研修修了医
医員 橋爪 良輔 消化器外科、特に大腸・肛門、一般外科
日本外科学会専門医
鏡視下手術慈大式Step3 ゴールドライセンス
医員 岩瀬 亮太 消化器外科、特に肝胆膵外科、一般外科
緩和ケア研修修了医
医員 杉原 哲郎 小児外科、消化器外科、一般外科
TNT(Total Nutritional Therapy)certificate
医員 石川 あい 呼吸器・消化器・一般外科
医員 中嶋 俊介  
顧問 岩渕 秀一 消化器、呼吸器、乳腺・甲状腺、一般外科
非常勤 野木 裕子 乳腺外科
日本乳癌学会専門医
非常勤 川野 勧 消化器内視鏡、一般外科
日本外科学会専門医
非常勤 田中 圭一朗 小児外科
日本小児外科学会専門医
非常勤 大橋 伸介 小児外科、一般外科
日本外科学会専門医

当院は日本全国の外科系施設における外科症例の全数把握を目的としたデータベース作成を行う一般社団法人 National Clinical Database. (NCD)に参加しています。
患者向けNCD資料 ~専門医制度と連携したデータベース事業について(PDF)

外来担当医表