• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

整形外科

スタッフ紹介

役職 氏名 資格
整形外科部長・
リハビリテーション科部長
石原 裕和

日本整形外科学会 専門医・リウマチ医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会 元評議員・脊椎脊髄外科指導医
整形外科医長 善平 哲夫 日本整形外科学会 専門医・スポーツ医・運動器リハビリテーション医
リハビリテーション科担当医長 江村 星 日本整形外科学会 専門医
整形外科担当医長 齊藤 勝義 日本整形外科学会 専門医・運動器リハビリテーション医・リウマチ医
担当医師 寺澤 昌一朗 日本整形外科学会 専門医
日本骨粗鬆症学会 認定医(申請中)
日本内科学会 認定内科医
担当医師 宗重 響子
担当医師 松本 光圭

»スタッフ紹介詳細ページへ

外来担当医表

»当科の外来担当医表ページへ

※整形外科外来は予約制となりました。詳細はこちらをご覧ください。

主な対象疾患

  • 外傷(上肢、下肢の骨折、脱臼、捻挫、筋肉挫傷、腱断裂など)
  • 脊椎、脊髄疾患(頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎の骨折、脱臼など)
  • 関節疾患(変形性膝関節症、股関節症、五十肩、関節リウマチの外科治療、関節炎、痛風など)
  • スポーツの障害(靭帯損傷、半月板損傷に対する関節鏡手術、腱鞘炎など)

※当院は急性期病院のため、手術を要しない疾患(圧迫骨折など)での入院は困難です。

診療科の特徴

各医師とも、特に骨折治療の経験が豊富です。患者に優しい、低侵襲で、早期社会復帰が出来るような治療を心がけています。
脊椎疾患に関しては、脊椎脊髄外科指導医としての豊富な経験から、患者の苦痛をできるだけ早く取り除くために、積極的に神経ブロック治療や手術治療を行っています。さらに、最先端の関節鏡、術中レントゲン透視装置などを装備して、安全・確実な手術を行っています。
また、町田市医師会整形外科部会と連携して、症例検討会や勉強会(町田市整形外科カンファレンス)を半年に1回、当院にて開催しています。地域開業医との連携を深め、多くの手術患者を受け入れるとともに、かかりつけ医への逆紹介も積極的に行っています。整形外科スタッフ一同、町田市の中核病院として、さらに充実させるべく日々取り組んでいます。

診療実績

外来患者数
  平成26年度 平成27年度 平成28年度
延患者数   26,008 25,083 21,399
初診患者数  2,991 2,745 2,288

手術件数
  平成26年度 平成27年度 平成28年度
骨折整復固定術 302 363 351
人工関節手術 51 15 22
関節鏡手術 74 80 71
靭帯再建手術 15 10 29
頚椎、胸椎手術 17 12 10
腰椎手術 88 84 74
その他 66 90 41
手術総数 613 654 598

今後の目標

骨折・外傷外科では、内容をさらに充実させるとともに、最先端の手術法や内固定材料を用いて、後遺障害を出来るだけ少なくして、患者の早期社会復帰を目指したい。
関節外科では、より生理的で機能的な関節再建を目指し、関節鏡視下手術を中心に、より低侵襲で術後の痛みが少ない手術を行ってゆく。クリーンルーム等を整備し、人工関節置換術も行えるようになった。
脊椎脊髄外科では、頚椎・腰椎の変性疾患が多く、その他、脊髄腫瘍・化膿性脊椎炎・外傷性脊椎脊髄損傷など幅広い疾患を手がけており、今後の更なる治療成績の向上を目指し、研究を進めていきたい。
今後も遅滞することなく毎日少しでも前進し、患者の疼痛・障害を取り除き、お役に立てるようがんばっていきたい。