• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

産婦人科

スタッフ紹介

役職 氏名 資格
産婦人科部長(兼)
周産期センター所長(兼)
外来化学療法センター副所長
長尾 充 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
母体保護法指定医
担当医師 小出 直哉 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
母体保護法指定医
担当医師 加藤 有美 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
担当医師 川村 生 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
担当医師 横須 幸太 日本産科婦人科学会 産婦人科専攻医
担当医師 日向 悠
担当医師 笠井 章代 日本産科婦人科学会 産婦人科専攻医
担当医師 友利 亜弓  
担当医師 片倉 和香子  

主な対象疾患

  • 正常妊娠及び合併症妊娠
  • 婦人科良性腫瘍・悪性腫瘍
  • 不妊症、不育症、更年期障害
  • その他の産婦人科疾患

診療科の特徴

  • 合併症妊娠に対し、専門医による周産期管理を行っています。
  • 内視鏡手術(腹腔鏡・子宮鏡)による、ミニマルサージャリーを積極的に導入しています。
  • 悪性腫瘍に対する手術、化学療法を行っています。
  • 更年期障害に対して、ホルモン補充療法および漢方療法を行っています。
  • 骨盤臓器脱に対して、メッシュ手術(TVM)を行っています。

母体搬送について

母体搬送時には、当院専用の搬送調整依頼書(診療情報提供書)を記載の上、
周産期センターあてにFAXをしていただくか、受診時に患者ご本人がお持ちください。
なお、搬送時は、必ず、周産期センターに電話連絡をしてください。

周産期センター 直通電話・FAX 042-722-2619

・搬送調整依頼書

分娩予約

  • 分娩予約・妊婦健診・里帰り分娩などについては、産婦人科外来にお問い合わせください。
  • 30週までに一度ご連絡ください。
  • 双胎(双子)の受け入れには制限がありますので、予定日が確定しましたら、お問い合わせをお願いします。
  • 無痛分娩は医療適応以外は行っておりません。

お問い合わせ先 042-722-2230(産婦人科外来)

・診療情報提供書用紙

診療実績

  2014年度 2015年度
1.外来患者数 23,566 人 22,126 人
2.新規入院患者数 1,575 人 1,528 人
3.分娩件数 768 件 640 件
  母体搬送受入 75 件 55 件
4.手術件数 681 件 664 件
  帝王切開 190 件 119 件
 緊急帝王切開 78 件 60 件
 うち超緊急帝王切開 3 件 2 件
妊娠中絶・流産術 123 件 119 件
子宮全摘出術・子宮筋腫核出術 115 件 105 件
腹腔鏡下手術 87 件 83 件
子宮頚がん 2 件 1 件
子宮体がん 16 件 11 件
卵巣がん 21 件 16 件


外来紹介予約を電話で承ります

産婦人科では、かかりつけ医からの電話による紹介予約をお受けしています。
予約を受け付けている症状は下記の通りとなります。 母体搬送はこちら

産科

  • 妊娠16週未満の妊婦様
  • 合併症妊娠、ハイリスク妊娠の方(細胞診異常、卵巣嚢腫合併妊娠など)
  • 出生前診断

婦人科

  • 子宮がん検診後の精密検査
  • 子宮鏡検査(受診後の予約制となる場合があります)
  • 婦人科疾患全般(良性・悪性疾患)精査、加療
  • 不妊症、不育症の精査
  • 子宮卵管造影
  • 外来手術(頸管ポリープ稔断、バルトリン腺開窓術など)

※外来紹介予約は、患者ご本人からは受け付けておりませんので、ご了承ください。
 (かかりつけ医療機関からの予約となります)


予約受付時間 午前9時から午後4時まで(土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始を除きます)
ご連絡先 042-722-2230(地域医療連携室)
※分娩予約、妊婦検診、里帰り分娩などのご紹介は、産婦人科外来にお問合せ下さい。

なお、上記以外の一般紹介診療でも優先診療を行なっています。

  • 不妊症外来のご案内
  • 出産育児一時金の直接支払制度について
  • 女性総合外来(女性専用受診相談窓口)