• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の方へ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

腎臓内科

外来担当医表

トピックス

2019年8月27日 診療実績を更新しました。
2019年4月1日 医局の人事異動に伴い、3月末付で阿部医師、西山医師が退職し、4月から新たに正木医師、富永医師が着任しました。
2018年10月5日 診療実績を更新しました。
2018年4月2日 医局の人事異動に伴い、3月末付で藤田医師、中野医師が退職し、4月から新たに阿部医師、西山医師が着任しました。
2017年12月7日 腎臓内科のホームページが新しくなりました。

診療科の特徴

  1. 主に、腎炎・腎不全・急性血液浄化の3本柱となります。
  2. 腎炎 蛋白尿・血尿を呈する患者に関して検査を行い、腎生検が必要な場合は、大学病院と連携して行います。
  3. 腎不全 保存期慢性腎不全の患者には、その進行を食い止めるため、薬物・食事療法を主体として保存療法を行い、また、看護師・栄養士・薬剤師と連携した治療を行います。透析療法が必要となった場合は、血液透析は原則として導入を行います。
  4. 急性血液浄化 心不全・敗血症等の多臓器不全を呈した症例に対しては、ICU・CCUにて急性血液浄化(CHDF・PMX)を行います。また、血漿交換、薬物吸着、顆粒球吸着、LDL吸着、腹水濃縮等の治療も行っております。

学会施設認定

下記の学会研修施設に認定されています。

  1. 日本透析学会認定施設

※当院が施設認定を受けている学会の一覧は、こちらをご覧ください。

主な対象疾患

                             
疾患名症状検査内容治療方法患者用
パス
腎炎・蛋白尿
・血尿
・むくみ
・尿検査
・血液検査
・腹部超音波検査
・生活指導
・食事療法
・薬物療法
腎不全・尿の出が悪くなる(乏尿)
・むくみ
・体重増加
・尿検査
・血液検査
・腹部超音波検査
・腹部CT(単純・造影)
・生活指導
・食事療法
・薬物療法
・透析療法

※患者用パスとは、入院(手術)後から退院までの診療計画がわかりやすく示されたものです。パスは掲載できるものから順に掲載していきます。

診療実績

1.透析導入数(2016-2018年度)

  2016年度 2017年度 2018年度
透析導入数 29 人 18 人 25 人

2.透析施行回数(2016-2018年度)

  2016年度 2017年度 2018年度
血液透析(HD) 3,057 回 2,503 回 2,736 回
血液濾過透析(HDF) 36 回 41 回 88 回
吸着式(PMX) 7 回 6 回 2 回
持続血液濾過透析(CHD・F) 91 回 71 回 105 回
腹水濾過濃縮再静注法(CART) 4 回 11 回 6 回
単純血漿交換(PE) 0 回 13 回 3 回
顆粒球除去療法(GCAP) 40 回 35 回 10 回
白血球除去療法(LCAP) 0 回 10 回 0 回
3,235 回 2,690 回 2,950 回

スタッフ紹介

役職 氏名 (上段)専門分野/(下段)資格
担当医師 正木 貴教 腎臓内科一般
日本内科学会 認定内科医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医
担当医師 富永 大志 腎臓内科一般
日本内科学会 認定内科医