• HOME
  • 町田市民病院のご案内
  • 患者さま・ご家族の方へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 採用情報
  • 交通アクセス
診療科・部門のご案内

町田市民病院 HOME > 診療科・部門のご案内 > 脳神経外科・脳神経内科

脳神経外科・脳神経内科

スタッフ紹介

脳神経外科

役職 氏名 資格
脳神経外科部長
集中治療室長
古屋 優 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
担当医師 小林 敦 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
非常勤医師 川口 公悠樹  

脳神経内科

役職 氏名 資格
脳神経内科部長 大塚 快信 日本脳卒中学会 評議員・脳卒中専門医
日本神経学会 指導医・神経内科専門医
日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医
担当医師 水上 平祐 日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本神経学会 神経内科専門医

主な対象疾患

脳血管障害、パーキンソン病、髄膜炎、脳腫瘍、頭部外傷など、脳神経疾患全般

診療科の特徴

脳神経外科・脳神経内科は、町田市唯一の公的2次医療機関として、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血に代表される脳卒中、頭部外傷(重傷頭部外傷などの3次救急対応を除く)、てんかんなどの脳神経疾患の救急医療を中心とする診療を行っております。

平日の一般外来では、地域開業医からの紹介・連携を中心に、頭痛、めまい、手足の脱力、しゃべりにくい、けいれん発作など、脳神経系の症状を呈する患者の診療を行っております。

内科系治療が主となる病態は主に脳神経内科が、外科的治療が必要な病態は主に脳神経外科が中心となり対応します。また、悪性脳腫瘍、小児脳神経外科系疾患、神経難病・変性疾患など、頻度が少なく専門性の高い治療を要する一部の疾患につきましては、必要に応じて、聖マリアンナ医科大学の専門スタッフと相互連携しつつ治療を行っております。

当施設で特に診療の比重が高いのは、三大疾病の一つである脳卒中です。具体的には、東京都脳卒中救急搬送のA指定病院として、脳卒中急性期患者を受け入れており、年間300名から350名程度の急性期脳卒中患者の入院診療を行っております。

【脳梗塞】
脳の血管が閉塞することで、片麻痺(片側の上下肢が動かない)、失語(言葉がでない)、呂律が回らないなどの局所神経症状が急激に出現する病態です。脳卒中患者の7割から8割を占め、最も頻度が高いです。

発症機序により、(1)脳の主幹動脈から枝分かれした細い動脈(穿通枝)の閉塞により生じるラクナ梗塞、(2)脳の主幹動脈の血栓による閉塞や動脈硬化による狭窄がもとで発症するアテローム血栓性梗塞、(3)不整脈・心不全・心筋梗塞などにより心臓に生じた血栓がはがれて脳の血管に流れていって閉塞する心原性脳塞栓症、の3種類に大別されます。頭部CTに加え、MRI・MRアンギオ、頸動脈エコーなどの検査、そして必要に応じ、心エコーやホルター心電図なども加えた精査を行い、病態を把握した上で、適切な抗血栓剤、脳保護剤などを用いた急性期治療を行っております。

頸部頸動脈や頭蓋内主幹動脈の閉塞や狭窄を呈する患者に対しては、脳血管撮影・SPECT(脳血流検査)などの精査を行い、内科的治療単独では再発の危険性が高い状態と判明した場合は、脳卒中ガイドラインに沿い、頸部頸動脈狭窄に対しては頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)や頸動脈ステント留置術(CAS)を、頸動脈閉塞や頭蓋内主幹動脈閉塞に対しては、Japanese EC/IC bypass Trial(:JET study)に準拠した頭蓋外頭蓋内バイパス術などの外科的治療をすすめております。


【脳出血 】
脳卒中全体の1割から2割を占めます。高血圧性脳出血、すなわち、高血圧による動脈硬化性変化によって、脳の細い動脈が破れて発症する方が大半を占めます。片麻痺などの神経症状が突然出現し、出血が小さい場合には軽症で済み、早く回復する場合もありますが、出血量が多い場合は症状が重くなることがあります。急性期には厳重な血圧管理と、出血に伴って生じる脳のむくみ(脳浮腫)を抑える薬などを使って治療を行いますが、出血量が多い場合には、必要に応じ、血腫を取り除く手術(開頭血腫除去術)を併用し、出血による脳の損傷を可能な限り抑制して、早期離床・リハビリにつなげる方策をとっております。


【くも膜下出血 】
脳にできた動脈瘤(脳動脈瘤)の破裂により、脳を囲む周囲のくも膜下腔に出血をきたし、激しい頭痛・嘔吐・意識障害や、片麻痺などの神経症状を来す病態です。脳卒中全体に占める頻度は1割未満(6%から7%程度)と、脳卒中の中では比較的頻度は少ないですが、発症した方のうち、約3分の1の方が命を落とし、3分の1の方に何らかの後遺症が残る、最も重篤な病態の一つです。
破裂した脳動脈瘤の再破裂・再出血により、急性期に命を落とす危険性が高いため、可能な限り、急性期に破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術を行い、再出血の予防を行いますが、昏睡状態や全身状態の極めて悪い場合には、手術治療が困難な場合もあります。
その後、脳血管れん縮による脳梗塞や水頭症など、生じうる様々な合併症に対する治療を行っていきます。急性期治療を乗り切り、回復期リハビリに本格的に移行できるようになるまで1ヶ月程度を要する場合が多いです。


【急性期経過後の医療・地域連携 】
当院での急性期診断・急性期治療を終えてからも、患者・ご家族には、再発予防、後遺症による身体的不自由や苦痛、社会的不安、経済的不安など、様々な問題が残ることが多々あります。そのような問題や不安を解決するため、各科医師との連携、看護師・薬剤師・理学療法士・医療ケースワーカーとの定期的なカンファレンスを通じ、包括的な医療をできるように心がけております。また、急性期から回復期に至り、更なるリハビリテーションが必要となる方には、脳卒中地域連携パスを利用し、切れ目のない継続的な医療を提供できるように、回復期・維持期の医療機関とも連携を強化しております。

当科では、このように日常診療に取り組んでおり、代表的な診療実績とスタッフの紹介を当ページに紹介しております。

診療実績

脳神経外科 ※一部脳神経内科入院分を含む

  2014年度 2015年度
1.新規入院患者数 460 名 398 名
  脳血管障害 307 名 225 名
 虚血性脳血管障害 189 名 149 名
 脳出血 47 名 30 名
 くも膜下出血 13 名 9 名
脳腫瘍 20 名 28 名
頭部外傷 96 名 77 名
その他 37 名 68 名
2.脳梗塞 急性期t-PA治療 19 例 8 例
3.手術総数 138 件 123 件
  脳腫瘍 20 件 18 件
脳血管障害 62 件 53 件
 脳動脈瘤頸部クリッピング術 23 件 20 件
   破裂 9 件 12 件
   未破裂 14 件 8 件
 血行再建術 13 件 14 件
   バイパス 2 件 2 件
   頸動脈内膜剥離術 5 件 12 件
 開頭血腫除去術 12 件 17 件
 脳動静脈奇形 3 件 0 件
頭部外傷 45 件 31 件
 開頭血腫除去・減圧開頭術 8 件 0 件
 慢性硬膜下血腫手術 38 件 31 件
顔面けいれん、三叉神経痛 2 件 2 件
感染、奇形、その他 9 件 19 件

 


脳神経内科

  2014年度 2015年度
1.初診外来患者数 1,166 名 972 名
2.再診外来患者数 2,262 名 2,515 名
3.新規入院患者数 167 名 138 名
  脳血管障害 106 名 93 名
 脳梗塞 82 名 71 名
 脳出血 13 名 6 名
 亜急性期脳血管障害 11 名 16 名
てんかん 18 名 6 名
パーキンソン病及び関連疾患 3 名 2 名
免疫性中枢神経疾患 6 名 4 名
末梢神経疾患 5 名 1 名
重症筋無力症 2 名 3 名
髄膜炎、脳炎・脳症 9 名 12 名
脳腫瘍 4 名 1 名
内科疾患・代謝性疾患に伴う神経障害 4 名 1 名
4.検査件数
CT 576 件 646 件
MRI 735 件 698 件
SPECT 102 件 78 件
脳血管撮影 23 件 15 件
頭頸部血管エコー 138 件 100 件
脳波 76 件 76 件